なんびょうむすこ!-慢性肉芽腫症と息子のゆるゆる日記-

慢性肉芽腫症の息子のお母ちゃん(hao)です。病気や入院のことをイラスト付でまったり徒然書いていきます。

ざっくり説明!HLAの種類

――――――――――――――――――――――――――
慢性肉芽腫症について知らない方はぜひご一読くださいませ!↓
「ざっくり説明!慢性肉芽腫症」
――――――――――――――――――――――――――


前回↓の続きです。
ざっくり説明!HLAって何?!


今回は、HLAの種類について。



・HLAの種類は、各自の持っている遺伝子で決まっています。


・自分のHLAを決めるための遺伝子領域(MHC:主要組織適合性複合体)の中でも、移植のためには主にA座、B座、C座、DR座、この4つの座の種類がドナーと適合しているかを確認します。


・各自、一つの座につき2種類持っています。
父親から一つ、母親から一つ受け継ぐためです。
父からもらったA座、B座、C座、DR座
母からもらったA座、B座、C座、DR座
合わせて全部で8つ。
ドナーと8つ全ての種類が一致していなければ移植ができないわけではありませんが、一致していればいるほど、移植は成功しやすいと言われています。


・各座それぞれたくさんの種類があり、組み合わせは数万通りに。。。


・HLAは、自分ではないもの(非自己)を認識するためのものです。
自分じゃないものは世の中にたくさんあるので、それらと区別するため、たくさんの種類を持つように進化してきたようです。



数万通りかぁ。。。他人で一致するなんて、奇跡なんですね。

次回は、HLAはどうして移植のために確認しなければいけないのか、ざっくり説明します!
続きます!!↓
ざっくり説明!HLAと移植の関連


※参考
・HLA研究所 HLAについて
http://hla.or.jp/about/
・役に立つ薬の情報〜専門薬学 自己と非自己の認識
http://kusuri-jouhou.com/immunity/hijiko.html
日本骨髄バンク パンフレット「チャンス」
http://www.jmdp.or.jp/reg/chance/flash/sp_chance/chance1-5-1.html
大阪府赤十字センター 血液型について
http://wanonaka.jp/first/bloodtype.html
・造血幹細胞移植情報サービス HLAとは?
http://www.bmdc.jrc.or.jp/medicalpersonnel/hla.html



にほんブログ村 病気ブログ 入院・入院生活へ にほんブログ村 病気ブログ 原発性免疫不全症候群へ にほんブログ村 イラストブログへ