なんびょうむすこ!-慢性肉芽腫症と息子のゆるゆる日記-

慢性肉芽腫症の息子のお母ちゃん(hao)です。病気や入院のことをイラスト付でまったり徒然書いていきます。

子供入院する時の荷造り

――――――――――――――――――――――――――
慢性肉芽腫症について知らない方はぜひご一読くださいませ!↓
「ざっくり説明!慢性肉芽腫症」
――――――――――――――――――――――――――


計画入院の場合を除いて
子供が入院すると決まったら、一旦家に帰ったら
ざざっと荷造りしてざざざっと病院に戻るパターンが一般的でしょうか?


かといっても病院で必要なものが何なのかパッと浮かびませんよね。
先月の息子の入院で、病室に持ち込んだものを挙げてみます。

病院によっては、持ち物の手引きをもらえる場合があります。
ハサミやゲームなど持ち込み禁止のものもありますので、必ず確認してくださいね。


それでは、
■子供だけで入院する場合
■親が付き添う場合
で分けて書いてみます。


■子供だけで入院する場合

・足指に機械を付けることが多いので「テープオムツ」があるとオムツ代えが簡単です。

・病院内のコインランドリー洗濯をしたり、自販機で買い物をしたりするので「小銭」必須です。

・何かと紙の書類が増えるので「クリアファイル」がひとつあるとバラバラにならず整理できます。

・何時にお風呂、何時に検査と、時間はこまめに確認するので 「置き時計」がお勧め。

・「メモ帳」には採血結果の紙を貼ったり、経過をメモしたり、落書きしたりします。

・「傘」が一本あるとコンビニまで外出したり、外泊する時に安心です。

・共同病室の場合はクーラーを自由に切り替えることが難しく、暑くて暑くて「ミニ扇風機」買っちゃいました。めっちゃいい。

・「S字フック」があると便利です!スポンジを干したり、物を掛けたりとなかなか使えます。


息子は1歳なのでこのような感じですが、乳幼児であれば哺乳瓶など必要ですね。
もっと大きな子供であれば、オムツや抱っこ紐などは必要ないので、荷物は少なくできますね。



■親が付き添う場合

上記の子供の荷物に+αで以下のものを用意しました。

・病棟に給茶機があったので飲み物代を節約するために「水筒」にお茶を入れて飲んでいました。えへへ。。。

・ちょっとコンビニに行ったり、検査に付き添う時の貴重品入れに、「ミニトートバッグ」があると便利です。

・「シェーバー」は持ち込み不可の場合もあるかと思いますが。。。夏場は使っていました。

・入院が長期間になると乙女の日がやってきますよね。「生理用品」を用意しておくと安心です。

・病室は暑かったり寒かったり、クーラー調整が難しいので「パーカー」があるとよいです。カーディガンでもいいですが、コインランドリーの乾燥機が使えないので、あえてパーカー推しです。



いかがでしょうか?
案外荷物多いですよね^^;

身軽に病院まで行って、洗面道具などは病院売店やコンビニで調達するのもアリです。

よし、また入院することがあれば、この記事を見て準備しようー!



にほんブログ村 病気ブログ 入院・入院生活へ にほんブログ村 病気ブログ 原発性免疫不全症候群へ にほんブログ村 イラストブログへ