なんびょうむすこ!-慢性肉芽腫症と息子のゆるゆる日記-

慢性肉芽腫症の息子のお母ちゃん(hao)です。病気や入院のことをイラスト付でまったり徒然書いていきます。

移植のドナーさんは見つかりそうかもしれないかも

――――――――――――――――――――――――――
慢性肉芽腫症について知らない方はぜひご一読くださいませ!↓
「ざっくり説明!慢性肉芽腫症」
――――――――――――――――――――――――――


ブログでは、HLA検査結果について書いていませんでしたね汗

先月中旬ごろ、結果を教えてもらいました。
(採血してから検査結果が出るまで二週間くらいかかりました)

HLAって何?!という方はこちら
HLAの種類についてはこちら


骨髄移植に関わるHLAの型は八種類。
息子と八種類全て一致している人は、ドナーバンクに数人いらっしゃいました!
七種類合っている人になれば、数百人!!
案外、一致するもんなんですね。

しかし、、、

私、勘違いしていたんですが、、、

HLAの型、つまり抗原型が一致していても移植できるわけではないみたいなのです。

遺伝子の型も一致していた方が、拒絶反応などのリスクが少ないため、HLAの型がある程度一致しているドナーさんの中から、遺伝子型を調べているドナーさんに絞り、その中で息子と遺伝子型が一致しているドナーさんから移植をすることが推奨されているようです。


ふ、、、ふむー???


f:id:komugi1222:20160915220431j:plain

だいぶ話が難しくなってきました。

同じ形のHLAが体内で作られるとしても、遺伝子に書かれているレシピは違うってことでしょうか。。。

夕飯がカレーだったとして、隣の家もたまたまカレーだったけど、そのレシピは違うし、もしかしたら同じかもしれないってことでしょうか。。。



うむ。

ともかく。



一つ違い含めて数百人いらっしゃるわけですから、遺伝子型も一致している人もいる可能性が高いかもよ。というわけで。これでドナーがいそうだと見当がつきました。

ではいざ移植!

という話になるかなぁと思いましたが、医師曰く、薬でコントロールできているうちは様子を見ていくかたちでどうですか?と。

あまり幼いうちに移植をする、つまり抗がん剤を使うと、発育、発達障害が起こる可能性がかなり高いそうで。

うむーそれはそれで心配。

緊急性はないと思われるので、とりあえずは、このまま服薬して感染予防をして、様子を見ましょうということになりました。

f:id:komugi1222:20160915221742j:plain

ただし、近いうちにまた感染が起こったら、さすがに1、2歳で数回の感染は多いので、移植を考えた方がいいでしょうと。


こ、今回の体調不良は、、、
まさに薬で防げていない、コントロールできていないってことですか?!
ということは、移植ですか?!?!

ま、、、まずは、熱を下げて、リンパの腫れを治しますが。。。

どうなるのぉぉぉどうしたらいいのぉぉぉ


にほんブログ村 病気ブログ 入院・入院生活へ にほんブログ村 病気ブログ 原発性免疫不全症候群へ にほんブログ村 イラストブログへ